読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目なほどに気まぐれ日記

日々の栄養補給として1日1回(?)を目安に投稿してみる日記です。

レアな切符で日本を巡る旅(京都〜高知 移動編)

旅行&観光&くるま

夏休み企画「レアな切符で日本を巡る旅」が、ついに始まりました。

まずは、最初の目的地である香川県の善通寺へ向かいます。

【行程】

 京都

  5:21発 山陽本線

 姫路

  7:28着

  7:31発 山陽本線

 岡山

  9:08着

  9:32発 山陽本線

 児島

  9:54着

  10:00発 瀬戸大橋線

 善通寺

  10:32着

 

前日まで怒濤の労働のおかげで非常に疲れている中、今回の旅行がスタートしたこともあって、岡山駅で寝過ごしてしまいました。

「しまった!!」と思ったのですが。。。

 

 

偶然にも意識が戻ったので、なんとか瀬戸大橋線マリンライナーに乗車することができました。

もう最初からドキドキものです。

 

f:id:ecoboo:20130815144646j:plain

特にそれ以外に面白いイベントもなく善通寺駅に到着。

この駅でのミッションは

 次の電車への乗り継ぎまでの時間(約1時間)で、

 総本山善通寺御影堂へお守りの返納と新しいお守りの購入を果たすこと。

 

往復で約3.0kmほどあり、炎天下の中で40分程歩くことになり、いきなり今回のキーワードである「ストイック」が感じられます。

 

f:id:ecoboo:20130815144653j:plain

汗だくになりながら20分ほど歩き、無事に総本山善通寺御影堂に到着しました。

今回のミッションを果たすことができたのですが、炎天下の中で急いで歩いたので、いきなり体力を奪われ、しかも軽度の熱中症になります。

 

少しヤバいと思い、コンビニで「塩あめ」と「スポーツドリンク」を購入。

炎天下で従来のような移動方法は危険だと悟り、今後の移動方法を再検討することにしました。

とりあえず、次の目的地である阿波池田駅へ向かいます。

 

【行程】

 善通寺

  11:35発 土讃線

 琴平

  11:41着

  11:52発 土讃線

 阿波池田

  12:48着

 

f:id:ecoboo:20130815144706j:plain

阿波池田駅に向かう途中にあったのが「坪尻駅」です。

車内にいた鉄道ファンと思われる人々がそわそわし始めたので、ネットで駅名を調べると車で行けない秘境駅として有名とのこと。

500mほど歩くと国道に出られるそうですが、約20分程かかるとのことなので、どれほど秘境の場所にあるのかが想像できます。

 

f:id:ecoboo:20130815144710j:plain

しかも、この駅はスイッチバックして駅に入っていく珍しい駅です。

単線で電車を交差させるために、しばらくここで待機させられたので、降車して写真を撮ることができました。

鉄道ファンの人にとっては、行ってみたい貴重な駅と思われますが、自分的には早く次の目的に向かいたいので、いつまで待たせるのかと思う限り。。

 

しばらくして阿波池田駅に到着したのですが、またここで60分待ちです。

JR四国は乗り継ぎが悪すぎ!!

これは大分から宮崎へ向かう時に感じたのと同じ感覚だと思いながら、ホームを出て駅前を散策します。

 

f:id:ecoboo:20130815144719j:plain

焦ってもしかたがないので、駅前にあった「一福亭」というお店で昼食にしました。

このボリュームで600円でした。しかもアイスコーヒーも付いてお得です。

ゆっくりした旅行では、このような良い偶然に出会う事もあって、この偶然に感謝することで幸福感を高めてくれます。(本に書いてあった通り!)

 

ところで、本日の最終目的地は高知駅です。

なので、まだまだ鉄道の旅が続きます。

 

【行程】

 阿波池田

  13:49発 土讃線

 高知

  16:07着

 

f:id:ecoboo:20130815144726j:plain

高知駅へ向かう途中に「新改駅」に停車しました。

ここもスイッチバックして駅に入っていきます。

ネットで調べると、四国にあるスイッチバック駅は土讃線の「坪尻駅」と「新改駅」の2駅のみで、ここも有名な駅だそうです。

この両方の駅を1日で経験することができ、この偶然に感謝することで幸福感をさらに高めます。(少し無理矢理感がありますが。。。)

 

f:id:ecoboo:20130815144736j:plain

ようやく高知駅に到着!

京都駅から高知駅まで400km弱なのですが11時間程かかってしまいました。

時間でお金の価値を買うといったことを実感できる瞬間です。

 

まあ、鉄道は交通手段なので、ここからが旅の目的となります。

つづく。