読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目なほどに気まぐれ日記

日々の栄養補給として1日1回(?)を目安に投稿してみる日記です。

瀬戸内国際芸術祭2013秋(小豆島 土庄エリア編)

土庄中央病院を出て京都へ帰宅することを決意し、帰宅ルートを模索します。

ルートは3つ

(1)高松までフェリーで戻り、在来線で岡山駅まで行き、そこから新幹線で京都へ

(2)福田港までバスで行き、フェリーで姫路港へ、そこから在来線で京都へ

(3)バスで坂手港へ行き、フェリーで神戸港へ、そこから在来線で京都へ

 

(1)は費用的に除外、(2)と(3)はバスの時刻的にフェリーとの乗り継ぎが難しくそんなに早く帰ることができない。。。

 

そうこう考えていると、近くに芸術祭の作品があったので、それを観てから考えることにしました。

 

f:id:ecoboo:20131110170241j:plain

病院の近くにあったのは「迷路のまち」という作品です。

でも、芸術祭の作品は、常設展示の中の一つとなります。

 

 

f:id:ecoboo:20131110170251j:plain

この作品はとても面白く、入り口がTABACO屋の窓口だったり、タンスから出入りしたり、冷蔵庫から部屋を移動したりと面白い仕掛けが一杯で、現代の忍者屋敷のようなところでした。

自分的には、薬で痛みを止めているとはいえ、しゃがんだりするたびに痛かったです。

 

 

f:id:ecoboo:20131110170311j:plain

地図を見ると「迷路のまち」の近くに「エンジェルロード」があるじゃないですか!

潮が引くとあらわれるエンジェルロードで、手をつないだ二人は将来結ばれる。

そのような噂のある不思議な場所ということなので、芸術祭とは違いますが「エンジェルロード」を見に行く事にしました。

残念ながら自分が行った時には潮が引いておらず、エンジェルロードが出来てなかったです。

エンジェルは、まだまだ遠いところにいるようです。

 

観光はこのへんにして、とりあえずバス停へ向かいます。

たまたまやって来たのが、肥土山・中山集落を経由して草壁港へ行くバスだったので、早速乗車しました。

 

f:id:ecoboo:20131110170324j:plain

肥土山・中山集落を通過する時、ラッキーにもバスから「わらアート」や「小豆島の光」が見えたので写真をパチリ。

この「小豆島の光」という作品には中に入りたかったな。。。

 

 

f:id:ecoboo:20131110170334j:plain

草壁港に着いたのでバスを降車します。

オリーブで有名な小豆島だけあって、バス停にオリーブが咲いていました。

 

ここから、バスを乗り換えて坂出港に向かいます。