読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目なほどに気まぐれ日記

日々の栄養補給として1日1回(?)を目安に投稿してみる日記です。

アートの祭典!「大地の芸術祭2015(光の館・川西エリア編)」

旅行&観光&くるま

限られた時間で多くの作品を観たいため、急いで次の「光の館・川西エリア」へ向かいました。

 

f:id:ecoboo:20150815232417j:plain

これは「越後妻有レインボーハット2015」という作品です。

この虹色の光がとても印象的な作品なんですよね。

 

 

f:id:ecoboo:20150815232825j:plain

この虹色の光は、水の中に沈めた鏡に光が反射して創りだされています。

 

うむうむ! 懐かしいぞ!

この作品は、瀬戸内国際芸術祭で「伊吹島レインボーハット」という作品で観たことがあるんです。

作家さんもおられたので、久々に瀬戸内国際芸術祭の時の話をさせていただきました。

 

 

f:id:ecoboo:20150815233641j:plain

これは「妻有絶景LACHIKU_PENTA」という作品です。

この竹の巨大トンネルを抜けると。。。

 

 

f:id:ecoboo:20150815233758j:plain

信濃川と越後三山を望む絶景が見えました。

壮大な景色もアート作品の一部になるのが屋外展示の醍醐味なんですよね。

 

 

f:id:ecoboo:20150815234608j:plain

この展示会場には休憩所があり、麦茶の無料給水所がありました。

炎天下のアート鑑賞では、給水ポイントは本当にありがたかったです。

しかも、その場所に風鈴の音色が響いていて、蒸し暑さも少し和らぎました。

 

 

f:id:ecoboo:20150815235146j:plain

このエリアのメイン会場である「光の館」に到着しました。

この光の館には、ジェームズ・タレルさんの作品が展示されています。

ジェームズ・タレルさんの作品は、直島にある南寺や地中美術館にある「オープン・スカイ」以来となります。

 

f:id:ecoboo:20150816000030j:plain

この人の作品は、太陽の光をうまく利用した作品なので、晴れていないと感動が半減してしまいます。

まあ、本日は快晴なのでその心配はありませんね。

 

作品は、光の館の一室の天井が開閉する仕組みとなっていて。。。

 

 

f:id:ecoboo:20150816000514j:plain

完全に開くと、青空が広がります。

この仕組みが絶妙で、開く時間によって色が変化するんですよね。

夕方になるにしたがって、部屋全体の色が赤っぽくなってきます。

 

この作品を観て、また直島に行きたくなってきました。

つづく。