読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目なほどに気まぐれ日記

日々の栄養補給として1日1回(?)を目安に投稿してみる日記です。

アートの祭典!「大地の芸術祭2015(絵本と木の実の美術館・十日町南エリア編)」

旅行&観光&くるま

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2015夏」

 

続いて「絵本と木の実の美術館・十日町南エリア」へ向かいます。

f:id:ecoboo:20150816013058j:plain

この写真は、この地方に住まわれていた人々の遺影写真が展示されていた「snow country」という作品の展示場所からの景色です。

夏の田舎って感じの風景だったです。

 

 

f:id:ecoboo:20150816013524j:plain

絵本と木の実の美術館に展示されていた作品で、とてもカラフルなので綺麗に写真が撮れました。

 

 

f:id:ecoboo:20150816014643j:plain

空間絵本とのことなので、どちらかというと子供向けの作品でしょうか。

あまり可愛いキャラとは思えないけど。。。

 

 

f:id:ecoboo:20150816014902j:plain

自分が知らないだけで人気のあるキャラなんでしょうか?

このようなものが沢山ぶらさがってました。

絵本と木の実の美術館は、どちらかというと子供向けって感じだったので、すぐに次の場所へ移動します。

 

 

f:id:ecoboo:20150816015143j:plain

次は二ツ屋にある「もうひとつの特異点」という作品です。

この作品は、単純に部屋の中にワイヤーが放射状に張り巡らされているだけと思っていましたが、実は違っていて展示会場の方に説明を受けると、この作品の奥深さが分かりました。

これ、人体の輪郭が真ん中に存在しています。

今回もっとも感動した作品の一つとなりました。

 

 

f:id:ecoboo:20150816015720j:plain

台湾のベストセラー絵本家が制作された「kiss&bye」という作品です。

こちらは土市駅にあった作品。

 

 

f:id:ecoboo:20150816015923j:plain

こちらは越後水沢駅にあった作品です。

こちらの受付のお姉さんがとても親切で、時間になって作品を閉めようとしていた所を自分達のために再度開けてくれました。

しかもスイカまでごちそうになり、ありがたいかぎりでした。

 

 

f:id:ecoboo:20150816020330j:plain

まだまだ続きます。

こちらは「再構築」という作品で、とても有名な作品です。

すべて手作業で削りだした鏡が家の周りに貼られています。

 

 

f:id:ecoboo:20150816020510j:plain

特に、周りの風景が鏡に映し出され、キラキラと光るところが素敵だったです。

 

 

f:id:ecoboo:20150816020720j:plain

この日の最後は「森林梦境 森の夢」という作品です。

幻想的でミステリアスな夢の世界というより、森の中に展示されていたせいか、少し怖い感じを受けました。

 

 

f:id:ecoboo:20150816021010j:plain

先程の作品へ行く途中にあった、グミのような作品。

これが美味しいジュースだったらと思われ、美味しそうだったので写真をパチリ。

 

2日目はこれにて終了し、十日町のホテルへ戻ってゆっくり休みました。

つづく。