読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目なほどに気まぐれ日記

日々の栄養補給として1日1回(?)を目安に投稿してみる日記です。

青春18切符の旅(2016年春 金沢前編)

旅行&観光&くるま

今年も有給休暇の消化を兼ね、青春18切符を利用して日帰りで金沢へ行ってきました。

最近では複雑な時刻表を利用することもなく、ネットだけで乗車する電車を探し出せるのは便利ですね。

【行程】

 京都

  5:30発 琵琶湖線
 米原
  6:37着
  6:50発 北陸本線
 敦賀
  7:36着
  7:41発 北陸本線
 福井
  8:33着
  8:35発 北陸本線
 金沢
  9:49着

f:id:ecoboo:20160317101210j:plain

約4時間程で金沢駅に到着しました。

天気予報では曇だったのに、少し雨が降っていてテンションダウン。。

 

 

f:id:ecoboo:20160317101447j:plain

駅ナカにある観光案内所でバス1日券(500円)を購入し、「ひがし茶屋街」に向かったつもりでしたが、間違って周遊バスの左回りルートに乗車したため、予定していた観光ルートの最後に予定していた「長町武家屋敷跡」からのスタートとなりました。

ちゃんとバスのルートを確認するべきだったけど、これはこれで楽しいパプニング。

 

 

f:id:ecoboo:20160317102034j:plain

武家屋敷跡なのかな〜って感じの雰囲気を味わいつつ、無料で公開されていた「足軽資料館」などを散策。

 

 

f:id:ecoboo:20160317102408j:plain

自分的にヒットだったのは、このポスターに写っていた可愛い女の人。

(観光で来ているのに街並みじゃないのがポイント。。。)

後で調べてみると、尾花貴絵さんっていう女優さんみたいです。

 

 

f:id:ecoboo:20160317102750j:plain

そもそも、瀬戸内国際芸術祭へ行く準備として、以前から行きたかった「金沢21世紀美術館」へ行くことが最大の目的でした。

金沢21世紀美術館では、屋外の展示品の他、屋内の展示品も無料で観ることができ、しかも写真撮影もOKでした。

今回は無料ゾーンにあった作品のみ掲載しますね。

 

 

f:id:ecoboo:20160317103057j:plain

ジャングルジムのようなアートやら。。

 

 

f:id:ecoboo:20160317103132j:plain

以前、犬島で観た「S邸 コンタクトレンズ」や「A邸 リフレクトゥ」のようなアート。。

 

f:id:ecoboo:20160317103749j:plain

直島の宮浦港にある赤かぼちゃ近くにあった椅子のオブジェやら、男木島で観た「オルガン」という作品に似たアート。。。

この不思議感が心地よく感じます。

 

 

f:id:ecoboo:20160317104732j:plain

屋内には、ジェームズ・タレルさんの「タレルの部屋」という作品がありました。

太陽光をうまく利用したタレルさんの作品はお気に入りのひとつ。

 

 

f:id:ecoboo:20160317111305j:plain

「雲を測る男」という作品

この発想も面白いですね。

 

 

f:id:ecoboo:20160317111618j:plain

金沢21世紀美術館は建築物としても魅力があって、全体の形状が円形だから、どの部分も丸みを帯びています。

 

 

f:id:ecoboo:20160317121406j:plain

アート作品のような通路も不思議な感覚。

 

 

f:id:ecoboo:20160317121546j:plain

何気ないマークもアート作品に見えてくるから不思議。

 

 

f:id:ecoboo:20160317121711j:plain

ここにもヤノベケンジさんの作品が展示されていました。

 

 

f:id:ecoboo:20160317122058j:plain

金沢21世紀美術館の代表的な作品である「スイミング・プール」です。

プールの中に人がいるという不思議な作品。

 

この日は平日なのに人が一杯だったから、休日だったら大変なことになりそうです。

このような美術館が京都にもあればいいのにね。。

つづく。