読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目なほどに気まぐれ日記

日々の栄養補給として1日1回(?)を目安に投稿してみる日記です。

瀬戸内国際芸術祭2016春(沙弥島編)

旅行&観光&くるま

次に向かった先は、春期間限定の「沙弥島」会場です。

【行程】
 高松駅
  12:10発 予讃線
 坂出駅
  12:24着

  12:35発 シャトルバス

 沙弥島会場
  12:55着

f:id:ecoboo:20160327162720j:plain

沙弥島という名前ですが、今では埋め立てられていて陸続きで行くことができます。

瀬戸大橋を間近に観ることができる素敵な会場なんですよ。

この作品は、前回ナカンダ浜にあった「8人9脚」ですが、今回、瀬戸大橋記念公園に移動していました。

それにしても「瀬戸大橋は大きい!」

 

 

f:id:ecoboo:20160327163247j:plain

「Rippled Sky for Hitomaro」とういう作品です。

広角レンズしか持って行ってなかったので、うまく撮影できていませんが、遠くに見える噴水が出ているのが作品となります。

 

 

f:id:ecoboo:20160327163450j:plain

前回は青々と芝が生えていた「階層・地層・層」という作品

芝生が傷んでいるのかな。。。

 

f:id:ecoboo:20160327163702j:plain

前回も展示されていた「そらあみ」という作品

ワークショップで作りなおしたそうです。

海をバックに砂浜に展示されているから綺麗に見える作品ですね。

 

 

f:id:ecoboo:20160327163844j:plain

万葉会館に展示されていた「12島の物語」という作品です。

パラパラ漫画になっていて、瀬戸内海の島々のアニメーションを観ることができました。

 

 

f:id:ecoboo:20160327164047j:plain

神出鬼没の「切腹ピストルズ」をまたまた観ることができました。

偶然ですがラッキーな出来事!

 

 

f:id:ecoboo:20160327164248j:plain

旧沙弥島小中学校に展示されていた「Las Islas しま・しま」という作品で、現地の小学生が制作したとのこと。

 

 

f:id:ecoboo:20160327164453j:plain

同じく旧沙弥島小中学校に展示されていた、この「ハレの日、金時への道」という作品です。

この作品を観るために1時間程並びました。。。

教室の中に入らなければ、並ばなくてもすぐに観ることができます。

正直、教室に入らなくても良かったかもと後悔。。

 

 

f:id:ecoboo:20160327164714j:plain

ボタンを利用して作られた「空飛ぶ赤いボタン」という作品

宙に浮いたハートのオブジェが素敵でした。

 

 

f:id:ecoboo:20160327164845j:plain

「赤いネジ」という作品で、ネジがくるくると回っています。

これぞ現代アート!って雰囲気の作品だったです。

作者の意図は分かりませんが。。。

 

 

f:id:ecoboo:20160327165105j:plain

「赤い窓の回廊」という作品

アルミサッシの展示に失敗したの?と聞きたくなるような作品でした。

 

これにて沙弥島会場でのアート作品は全て観たので、急いで京都に帰りました。

【行程】

 沙弥島会場

  15:25発 シャトルバス

 坂出駅
  15:45着

 

 坂出駅
   15:54発 瀬戸大橋線
 岡山駅
   16:32着
   16:44発 山陽本線

 姫路駅
   18:08着
   18:11発 山陽本線
 京都駅
   19:44着

 

全体を通して新作が少なかったこともあるのか、前回の瀬戸内国際芸術祭の方が新鮮で楽しかった気がします。

「もう少し新作が多ければな〜」というのが率直な感想ですね。

おしまい。