読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目なほどに気まぐれ日記

日々の栄養補給として1日1回(?)を目安に投稿してみる日記です。

最高に良かった!「木津川アート2016(開橋エリア編)」

アート鑑賞

椿井大塚山古墳で足場の悪い坂道を歩いたこともあって、少し足が痛くなってきました。

しかも、高麗エリアから開橋エリアまで距離があったので、やはり自転車を借りた方がよかったかなと後悔し始めます。

特に真っ直ぐな道は変化がないので疲れますね。

f:id:ecoboo:20161113105410j:plain

 

ホテル山城跡

やっと次の会場に着きましたが、変な造形物もあったりして、よくよく見ると、ここって旧ラブホ(?)と思われます。

f:id:ecoboo:20161113105603j:plain

f:id:ecoboo:20161113105710j:plain

 

 

アートイベントで旧ラブホが利用されているのも初めてでしたが、小さな子供も沢山廻っていたから、場所的によろしくないような。。。

ちなみに、展示されていたのは「推測せよ、いつもしているように」という意味深な作品です。

f:id:ecoboo:20161113110020j:plain

 

 

流域センター

このようなアートイベントがなければ来ることもなかった場所ですね。

f:id:ecoboo:20161113110330j:plain

 

 

ここで展示されていた中で気になった「蟹の恩返し」という昔話です。

この近くに「蟹満寺」というお寺があるようです。

f:id:ecoboo:20161113110801j:plain

 

 

藤原商会

ここも一般の工場を利用して展示されていた「えとき」という作品です。

ここの受付の人に会場の案内を受けていたら、イベント主催者の人の取材を受けて、後ろ姿ですが写真を撮られました。

もしかしたら、何かの冊子に自分が写っているかもしれません。

f:id:ecoboo:20161113111100j:plain

 

 

なんか分からない巨大な絵が展示されていました。

f:id:ecoboo:20161113111446j:plain

f:id:ecoboo:20161113111537j:plain

f:id:ecoboo:20161113111627j:plain

 

 

またまた、旧ラブホ会場まで戻り、無料のポンポンバスに乗って棚倉駅へ向かいます。

バスの中には、お魚やミラーボールが一杯吊り下げられていて、まるで幼稚園の送迎バスのようでした。。。

f:id:ecoboo:20161113111947j:plain

f:id:ecoboo:20161113112033j:plain

 

つづく。