読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目なほどに気まぐれ日記

日々の栄養補給として1日1回(?)を目安に投稿してみる日記です。

瀬戸内国際芸術祭2016春(高松編)

旅行&観光&くるま

ついに「瀬戸内国際芸術祭2016」が開催されました!

今回は開催日初日から観に行くことができたので、その記憶を辿っていきたいと思います。

f:id:ecoboo:20160323225717j:plain

【行程】
 京都駅
  5:20発 山陽本線
 姫路駅
  7:28着
  7:31発 山陽本線

 岡山駅
  9:08着
  9:32発 瀬戸大橋線

 高松駅

   10:27着

 

f:id:ecoboo:20160323230440j:plain

今回も当然のように経費削減のため青春18切符で高松へ向かいました。

高松駅に到着した時と同じくして「オープニング・セレモニー」が開催されていました。

初めて見る開会式に気分が盛り上がりましたが、偉いおじさん達の挨拶に時間を潰している訳にもいかず、「男木島」へ行く船の乗船時間まで高松駅周辺のアートを観に行くことにします。

 

 

f:id:ecoboo:20160323230728j:plain

いきなり巨大なアート作品「国境を超えて・海」が展示されていました。

この作品は新作で「さすが!国際芸術祭だ〜」と思えるような作品だったです。

 

 

f:id:ecoboo:20160323231419j:plain

作品の中にも入ることができて、真ん中にある鐘を鳴らすと部屋全体が響きます。

「スゲ〜!」と感動するばかり。。

 

 

f:id:ecoboo:20160323231540j:plain

玉藻公園前に「銀行家・看護婦・探偵・弁護士」という作品が展示されていました。

この作品はイマイチなのでスルー。

 

 

f:id:ecoboo:20160323231738j:plain

新しくなっていた高速バスの待合所の壁面に展示されていた「待つ人・内海さん」という作品です。

この作品が展示されている場所を探すのが大変だった。

 

 

f:id:ecoboo:20160323232036j:plain

男木島行きのフェリーチケットを購入している時、偶然発見した「切腹ピストルズ」です。

このイベントは、いつどこで行われるか分からないイベントだったので、偶然観ることができてラッキーでした。

 

つづく。