読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目なほどに気まぐれ日記

日々の栄養補給として1日1回(?)を目安に投稿してみる日記です。

見せてもらおうか「EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM」レンズの性能とやらを!

とても評判の良い「EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM」レンズをやっと手に入れたので、本日は建仁寺へ撮影に行ってきました。

といっても素人なので、レンズレビューになってないから雰囲気を感じとって下さい。(笑)

 

f:id:ecoboo:20160228000721j:plain

広角レンズなので、大きな範囲もへっちゃらに撮影できます。

今まで広角単焦点のGRしか利用していなかったから、この35mm換算で18mmの広角が撮影できるようになったのは嬉しい限り!

 

 

f:id:ecoboo:20160228003514j:plain

しかも、このレンズにはブレ防止機能も付いているので、暗いところも比較的ブレずに撮影できてしまうというスグレモノ。

ちなみに、この「雲龍図」は高精細デジタルで複製された偽物です。

どうやらキャノンが協力しているとのこと。。

 

 

f:id:ecoboo:20160228003926j:plain

重要文化財である「方丈」の部屋も広角らしく広い範囲で撮影ができ、部屋の広さが感じられますよね。

やっぱり、広角レンズは素敵です。

 

 

f:id:ecoboo:20160228004203j:plain

35mm判換算で35mm側でも撮影してみました。

単焦点の「EF-M22mm F2 STM」より静かで綺麗に撮影できているように思います。

 

 

f:id:ecoboo:20160228004441j:plain

これは枯山水のお庭である「大雄苑」です。

ここに座っているとポカポカして暖かかった!

 

 

f:id:ecoboo:20160228004609j:plain

お坊さんがお経を唱えている声が聞こえてきました。

どうやら、このお堂でお経を唱えられていたので写真をパチリ。

自分の好みである「透明感のある写真」が撮影できたように思います。

 

 

f:id:ecoboo:20160228005421j:plain

こういう景色を見ていると京都らしさを感じます。

 

 

f:id:ecoboo:20160228005509j:plain

このようなお庭がある家に住んでみたいな。

こういう空間に座っていると、時間があっという間に過ぎ去っていきますね。

 

 

f:id:ecoboo:20160228005701j:plain

このレンズを買って建仁寺に来た目的は、法堂にある「双龍図」を撮影したかったからです。

この迫力満点な龍は、広角レンズでないと撮影できません。

 

 

f:id:ecoboo:20160228005848j:plain

迫力満点だったから、ここで何枚も写真撮影しました。

でも、この龍も2002年に作成された比較的新しい作品なんですよね。

だから、カメラ撮影も許可されるんでしょうか?

 

 

f:id:ecoboo:20160228010052j:plain

ホワイトバランスを変更して撮影してみました。

少し設定を変えただけですが、大きく雰囲気が変わってしまいますね。

 

このミラーレスカメラを購入してから、設定をとても気にするようになりました。

カメラ撮影にのめり込む人の気持が少し分かった気がします。