読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目なほどに気まぐれ日記

日々の栄養補給として1日1回(?)を目安に投稿してみる日記です。

神社仏閣をはしごした!「京都の節分祭」

旅行&観光&くるま

節分祭

京都の神社仏閣では、節分祭で盛大なイベントをやっている事を去年に知ったこともあって、本日は会社を休んで神社仏閣をはしごしてきました。

(今日休んだので明日に休日出勤なんだけど)

 

ご利益を求めて

聖護院

聖護院と言えば八つ橋しか思い出せない自分ですが、初めて聖護院に参拝しました。

聖護院の入口では、ゆるゆるな鬼さん達が待ち構えていて、参拝者を楽しませてくれてました。

なんか、ゆるーい感じが大好き!

f:id:ecoboo:20170203224114j:plain

 

 

入口で甘酒の接待を受けた後、本堂の入口下に座っているお坊さんからローソクを購入して、お経を唱えていただきました。(なんか得した気分)

節分の日は、本尊不動明王が当日に限り一般に公開されているので、本堂も参拝させていただきました。

f:id:ecoboo:20170203224407j:plain

 

 

須賀神社

次は聖護院の目の前にあった須賀神社で、どうやら縁結びのご利益があるとのことなので、早速参拝します。

f:id:ecoboo:20170203224851j:plain

 

 

烏帽子をかぶって水干を身にまとい、覆面で顔を隠し目元だけを出している怪しげな格好。。。「懸想文売り!」ここテレビで観たこと有る〜。

ここでやってたのかと感動しながら、とりあえず「懸想文」を買っておきました。

ご利益に期待!

f:id:ecoboo:20170203225153j:plain

 

 

吉田神社

京都の節分では、京の都の四方を鎮護する寺社を巡る「四方詣り」というものがあります。

 北東は、吉田神社
 南東は、八坂神社(または伏見稲荷大社
 南西は、壬生寺
 北西は、北野天満宮

ここ吉田神社は都の表鬼門に当たる場所にあり、ここが節分発祥の場所とされています。

f:id:ecoboo:20170203231022j:plain

 

 

しかも、全国八百万の神々を祀る大元宮に参拝すると、全国の神社に詣でることと同じ効験になるとのこと!

日本全国の神様は、神無月の11月に出雲大社にしか集まらないと思っていましたが、吉田神社にも集まるんですね。

f:id:ecoboo:20170203231240j:plain

 

 

吉田神社で厄除福豆を購入すると、抽選券が頂けました。

当選の品には自動車まであり、節分の時の吉田神社は一味違いますね。

f:id:ecoboo:20170203231737j:plain

 

 

菓祖神社 

吉田神社の境内には、お菓子の神様を祀る「菓祖神社」があり、ここで豆茶とお菓子をいただきました。

温かい豆茶が美味しかった!

f:id:ecoboo:20170203232305j:plain

 

 

八坂神社

吉田山のあるところから八坂神社まで歩いて移動します。

昭和の古き良き商店街という感じの「古川町商店街」を通過

f:id:ecoboo:20170203232517j:plain

 

 

知恩院のすぐそばに架かる一本橋(行者橋)を渡ります。

ここは、天台宗の修行で千日回峰行を終えた行者が、京都の町に入洛する際、最初に渡る橋とされています。

f:id:ecoboo:20170203232828j:plain

 

 

いつもの通り、四花街による舞踊奉納を見学します。

いつもながらに舞妓さんが可愛いです。

舞踊を観るんだったら、本堂側(北側)でないと観ることができないので注意!

f:id:ecoboo:20170203232917j:plain

 

 

豆まきで福豆をゲットした後、福豆と串札を購入しました。

今年の福豆の景品は、ビニールの鞄でした。(去年はホコリ取り)

f:id:ecoboo:20170203233206j:plain

 

 

恵比寿神社

次に恵比寿神社にも立ち寄って「幸福茶」をいただきます。

f:id:ecoboo:20170203233358j:plain

 

 

ここの幸福茶という名の昆布茶が美味しいのでオススメ。

f:id:ecoboo:20170203233530j:plain

 

 

西福寺

六波羅蜜寺の隣にある西福寺にも立ち寄ります。

f:id:ecoboo:20170203233656j:plain

 

 

ここでは、お蕎麦を振る舞っていただけました。

ありがたく頂きます。

f:id:ecoboo:20170203233757j:plain

 

 

六波羅蜜寺

節分祭での豆まきと六斎念仏踊りを採り入れた追儺式を観るため、六波羅蜜寺に立ち寄りました。

f:id:ecoboo:20170203233940j:plain

 

 

でも、台湾旅行で痛めた足がまだ完治しておらず、ずっと立っているのが辛くなって、豆まきだけで退散しました。

土蜘蛛観たかったな。。。

それにしても、民主党議員の福山さんはカメラ目線。

f:id:ecoboo:20170203234120j:plain

 

 

熊野神社

最後の締めは、新熊野神社となります。

ここの神主さんの話される内容が面白いのでオススメです。

f:id:ecoboo:20170203234619j:plain

 

 

でも、面白いだけでなく、ためになる話やお祓いもきちんとしていただけます。

地元民としては外せない場所ですね。

f:id:ecoboo:20170203234731j:plain

 

 

今日は、朝9時から夕方の17時まで節分を存分に楽しむことができました。

来年の節分は「四方詣り」にチャレンジしてみようかな。

 

おしまい。

初めての事やってみよう!「你好!台北ひとり旅(5日目)」

旅行&観光&くるま

観光スタート(5日目)

花博公園

9:00

最終日は、以前から行きたかった台北市立美術館で開催されている「台北ビエンナーレ2016」を観に行くことにしました。

MRTの圓山駅で降車して台北市立美術館に向かいます。

 

これは途中にあった「花博公園」で、2010年に開催された花博だから、もう7年も前からここにあるんですね。

f:id:ecoboo:20170115195000j:plain

 

台北市立美術館

9:30

台北市立美術館は朝9:30からオープンなので、その直前に到着しました。

この変わった建物は、花博の時のパビリオンを流用しているのでしょうか?

f:id:ecoboo:20170115195645j:plain

 

 

入場料が100円程度だったので、少し不安だったのですが。。。

その不安は的中し、正直思っていたより展示物が少なすぎました。。。

f:id:ecoboo:20170115195939j:plain

 

 

ピーター・フリードルの「パワー・ショー」とか

f:id:ecoboo:20170115200323j:plain

 

 

ワン・ホンカイ「The Band of the Awful Ones」とか

f:id:ecoboo:20170115200405j:plain

 

 

でも、殆どが絵画と写真のオンパレードでした。。

f:id:ecoboo:20170115200454j:plain

 

 

一番よかったのは、1996年から開催されてきた台北ビエンナーレのメモリアル展示だったように思います。

少し期待しすぎました。。。

f:id:ecoboo:20170115200713j:plain

 

 

迪化街

11:30

まだ出国の時間まであるので、急遽バスで迪化街へ向かいました。

バス移動も地元にいるように使いこなせている自分に我ながら驚きます。

f:id:ecoboo:20170115215239j:plain

 

 

ここ迪化街は、漢方、乾物、布問屋街としてにぎわう街で、永樂市場を中心にお店を見て廻ります。

アーモンド、杏仁粉、カラスミなど日本で購入するより安く手に入るのですが、飛行機の重量制限に引っかかる可能性があったので、泣く泣く購入できず。。

f:id:ecoboo:20170115215534j:plain

 

 

でも、ここに来た目的は霞海城隍廟に行って、最後のお願いをすること。

f:id:ecoboo:20170115215817j:plain

 

 

幼稚園の子供たちも、ここに来て参拝していました。

中国語を話す子供たちが可愛いかった!

f:id:ecoboo:20170115215844j:plain

 

 

月下老人さまに最後のお願いをしておきました。

真ん中の小さいのが月下老人さまです。

f:id:ecoboo:20170115220929j:plain

 

 

台北駅

14:30

この後、お気に入りの角子虎水餃館で最後の蝦水餃子を食べて、ホテルに預けていた荷物をピックアップし台北駅に向かいます。

この写真は台北駅にあった不思議なアート作品です。

偶然、見付けたので写真をパチリ。

f:id:ecoboo:20170115221525j:plain

 

 

桃園空港

15:30

空港バスに乗って桃園空港に到着しました。

18:55の飛行機なので、無茶苦茶早く着いてしまいました。

仕方ないので、チェックインカウンターの前に電源コンセントがあったので、しばらくスマホでゲームをして時間を潰します。

f:id:ecoboo:20170115221958j:plain

 

 

衝撃の湿布の味がすると言われる台湾の超メジャー炭酸飲料「黒松沙士」を最後の記念に飲んでみることにしました。

懐かしのドクターペッパー以来のまずさに驚きます。

半分ぐらい飲んで、こっそりゴミ箱においておきました。

f:id:ecoboo:20170115222454j:plain

 

 

関西国際空港

22:30

帰りは偏西風のおかげなのか、行きより早く関空に到着しました。

この写真は係員さんに怒られながら撮った写真です。

f:id:ecoboo:20170115222700j:plain

 

あっという間の5日間でした。

今回は、メジャーな観光名所を急いで廻っただけなので、もう少し夜市を楽しんだり、色々なお店も観てみたいと思いました。

台湾なら、国内旅行と同じような感覚で行くこともできるし、かと言って異国情緒も感じられるからオススメの海外旅行ではと思います。

また機会をみて行ってみたいな。。。

 

おしまい。

初めての事やってみよう!「你好!台北ひとり旅(4日目)」

旅行&観光&くるま

朝になり、足の筋肉痛はありませんでしたが、右足の外側付け根あたりが痛いままでした。でも、歩けない訳でもなさそうなので、当初の予定どおりの観光を行います。

 

観光スタート(4日目)

中正紀念堂

8:45

スタートは中正紀念堂での衛兵交代儀式を観ることです。

1時間ごとに行われる衛兵交代儀式に合わせて、10:00までに中正紀念堂に到着します。

人の大きさと比べると分かりますが、中正紀念堂の大きさに驚きました。

f:id:ecoboo:20170114185904j:plain

 

 

89段の階段(これは蒋介石が89歳で亡くなったことを意味しているそう)を上がっていった上で反対側の景色を撮影しました。

とにかく建物がでかい!

f:id:ecoboo:20170114192539j:plain

 

 

10:00

ちなみに「中正」とは中華民国初代総統であった「蒋介石」の本名(=蒋中正)のこと。

高さ6.3mの蒋介石ブロンズ像を守衛する衛兵さんは、微動だにしません。

f:id:ecoboo:20170114193218j:plain

 

 

衛兵交代儀式が始まりました。

この完成された動作の衛兵交代儀式は、とても良かったです。

でも、戦後中国からやってきた独裁者で国民を弾圧した蒋介石を称えて祀っている場所なので、そもそもの台湾人にとっては、喜ばしい場所ではなさそうです。

f:id:ecoboo:20170114193551j:plain

 

 

11:00

衛兵交代儀式の後、1階の展示物を見学して11時頃まで時間を潰します。

というのは近くにある有名店「杭州小籠包」が11時にオープンだからです!

f:id:ecoboo:20170114195640j:plain

 

 

店が開店してすぐ入店したので、混みもせず、すぐにメニューで注文することができました。

ここでは、定番の「小籠湯包」とヘチマ入りの「角瓜蝦仁湯包」を食べます。

千切りのしょうががアクセントとなり、熱い肉汁も美味しくてウマウマだった!

 

たまたま、隣の席に座られていた日本人の方から食べきれないからと焼き餃子「三鮮鍋貼」もいただきました。

これもウマウマでした。

f:id:ecoboo:20170114200416j:plain

 

 

四四南村

12:10

次はMRTに乗って台北101駅に向かいます。

ここは台北レトロスポットの四四南村です。

f:id:ecoboo:20170114201131j:plain

 

 

何故ここに来たかと言うと「Meet Colors!台湾」で長澤まさみさんがおられた「夢中のスカイブルー」の撮影場所だからです。

どこまで長澤まさみさんが好きやねん(笑)

f:id:ecoboo:20170114201510j:plain

 

 

でも実際は、ここから見る台北101が絶好の撮影スポットだからでもあるんですよね。

f:id:ecoboo:20170114201920j:plain

 

 

台北101 

12:45

 台北101の近くに行けば行くほど、その巨大な建物の凄さを感じます。

それにして、首が痛くなるぐらい高い!

f:id:ecoboo:20170115110300j:plain

 

 

この台北101は、8層おきに節があって、その節は全部で8つあり、8層の節ごとに金庫のカギをイメージした飾り物がついています。

これは、お金がどんどん入ってくる数字と言われる「八」にこだわっているとのこと。

また、この節は竹の節を表し、縁起のいい植物をイメージして建てられています。

この縁起担ぎビルの展望台に行くため、まずは5階にある展望台入口へ向かいました。

f:id:ecoboo:20170115110341j:plain

 

 

ここには、5階から展望台のある89階までの約382mを37秒で登り切ってしまう東芝製の最高速エレベータがあります。

しかも、世界初となる「気圧制御システム」を導入しているとのこと。

凄いです!

でも、展望台に行くまで600NTD(約2100円)もするので、コストも凄いです。。。

エポスカードを利用したので540NTDでした。)

f:id:ecoboo:20170115112357j:plain

 

 

89階の展望台からの景色です。

PM2.5の影響なのか景色が霞んで見えました。

ちなみに89階は微妙で揺れているんですよね。。少し怖かった。

f:id:ecoboo:20170115112656j:plain

 

 

でも、この揺れを減衰しているのが「チューンドマスダンパー」という重さ660トン、直径5.5メートルの巨大ダンパーなんです。

これが92階から87階に設置されていて間近で見ることができるんです。

f:id:ecoboo:20170115113200j:plain

 

 

実は、この台北101には屋外の展望台(91階)もあります。

こんな高いビルで屋外に行けるとは思いもよらず。。

f:id:ecoboo:20170115113456j:plain

 

 

景色は圧巻だったのですが、微妙に揺れてるし、風も少しきついし、高所恐怖症の自分的にはガクブルだった!

f:id:ecoboo:20170115113738j:plain

 

 

本当の屋上である101階方面です。

残り10階には何が有るんでしょうか?

f:id:ecoboo:20170115114010j:plain

 

 

ちょうどお昼も過ぎていたので念願の「鼎泰豊」で食事にしました。

日本人も沢山行くのか、日本語で書かれたメニューもあるし、店員さんも日本語話せます。(日本人かな?)

まるで、ここは日本ですね。。。

f:id:ecoboo:20170115115618j:plain

 

 

友人がオススメしていた「黒トリュフの小籠包」も食べてみました。

貧乏性なのか、昨日の夜に食べた蝦水餃子の方が安くて美味しかったです。

f:id:ecoboo:20170115115920j:plain

 

 

国父記念館

14:45

次は、国父記念館での衛兵交代儀式を観に行きました。

1866年生まれの孫文の生誕100年を記念して建設された国父記念館には、蒋介石が書いた『国父紀念館』の字が掲げられています。

孫文蒋介石も一時的に日本に住んでいたことがあって、その影響も受けていたと思われるため、日本とのつながりを感じますね。

f:id:ecoboo:20170115120845j:plain

 

 

蒋介石ブロンズ像に比べると小さいですが、ここにも同じように孫文ブロンズ像が置かれていて、同じように衛兵さんが守衛しています。

f:id:ecoboo:20170115121752j:plain

 

 

すぐに15:00になって衛兵交代儀式を観ることができました。

内容的には、中正紀念堂での衛兵交代儀式とほぼ同じかな?

f:id:ecoboo:20170115122214j:plain

 

 

それにしても微動だにしない衛兵さんって凄いですね。

f:id:ecoboo:20170115122332j:plain

 

 

周りに誰もいなくなっても微動だにしない衛兵さん

頑張れ!衛兵さん!

f:id:ecoboo:20170115122618j:plain

 

 

16:00

次は、国父記念館の近くにあった「ICE MONSTER」に行きました。

f:id:ecoboo:20170115122912j:plain

 

 

本来ならマンゴーかき氷を食べたかったのですが、この季節はマンゴーがありません。

なので、別の美味しそうなかき氷をいただきました。

量が多かったですがペロリを食べることができました!

f:id:ecoboo:20170115123045j:plain

 

 

この後、近くの饒河街夜市へ行く予定をしていましたが、足首の痛さがMAXになってきた事と夜市のB級グルメが受け付けられないのではという恐怖心があったので、明日のことを考えてホテルに戻ることにしました。

でも、饒河街夜市の胡椒餅は食べたかったな。。。

 

つづく。

 

初めての事やってみよう!「你好!台北ひとり旅(3日目)」

旅行&観光&くるま

ホテルの移動

8:30

今日は、2日間お世話になった「グッドライフホテル(上華旅桟)」をチェックアウトして、「丰居旅店雙連館(Via Hotel Loft)」に移動するところからスタートとなりました。

この2つのホテルのどちらに泊まるか最終的に決めきれなくて、両方のホテルに泊まるという計画を立てたのですが、昨日の歩き疲れで足が痛かったので少し後悔。。。

でも、2つのホテルは歩いて10分程のところにあったので、移動がそれほど苦ではなかったのが救いだったです。

 

観光スタート(3日目)

雙連朝市

9:30

丰居旅店雙連館の最寄り駅であるMRT雙連駅へ向かうと、雙連朝市が催されていたので観に行くことにしました。

基本的には地元民の食材売り場って感じで、夜市とは雰囲気も異なってました。

f:id:ecoboo:20170112204533j:plain

 

 

でも、朝からこのようなボリュームのあるのを食べるのだろうか??

f:id:ecoboo:20170112204703j:plain

 

 

途中に文昌宮というお寺があったので、挨拶を兼ねて参拝してきました。

後で調べると、有名な学業の仏様のようです。

ちなみに、台湾の学校やお寺の入口には、必ず電光掲示板があります。

まるでパチンコ屋のようで、少し違和感を感じてしまいました。

f:id:ecoboo:20170112205009j:plain

 

 

淡水

10:30

今日は、東洋のベニスとまで呼ばれている淡水を観光することにしました。

民権西路駅からMRTに乗って終点の淡水駅で降ります。

日曜日だったからか駅前ではイベントが催されていて、人も多く活気がありました。

ちなみに、この人達は台湾のアイドルでしょうか?(昭和のアイドルのよう。。)

f:id:ecoboo:20170112205818j:plain

 

 

ここでも朝市をやっていたので、雰囲気を感じるために中に入っていきました。

すると、ここにも龍山寺があったので参拝します。

もうすこし参拝方法を勉強しておけばよかったと後悔。。

f:id:ecoboo:20170114174313j:plain

 

 

念願の胡椒餅をゲットしました。

熱々の肉汁がたっぷりで少しピリッとする胡椒の味が、とっても美味しかった!

超オススメのおやつです。

f:id:ecoboo:20170114174453j:plain

 

 

凛々しい姿のマッカイ銅像です。

カナダ人のマッカイ(馬偕)先生は、この淡水で台湾最初のキリスト教会「淡水教堂」を設立し、医師、教育者としてキリスト教の布教と同時に、近代医学の普及にも従事し、台湾の人々のために尽力した人。

f:id:ecoboo:20170114174950j:plain

 

 

この教会を設立したのかな?

この中では日曜礼拝で沢山の人々がポップな歌を歌ってました。

f:id:ecoboo:20170114175605j:plain

 

 

1870年に建てられた清朝の淡水関税務司官邸だった「小白宮」です。

まるで長崎のオランダ村に来たような感じの建物でした。

f:id:ecoboo:20170114180141j:plain

 

 

この辺りに真理大学や淡江中学があって、学生さんが沢山歩いていました。

真理大学に変わった建物があったので写真をパチリ。(教会?)

f:id:ecoboo:20170114181002j:plain

 

 

やっと到着した紅毛城です。

1629年に台湾北部を占領したスペイン人が築いた旧サント・ドミンゴ城がはじまりで、オランダ、鄭成功と所有者が移り変わり、清代にはイギリス領事館となった歴史をもつ建物だとのこと。

f:id:ecoboo:20170114181448j:plain

 

 

紅毛城の「紅毛」というのはオランダ人を意味しているそうです。

f:id:ecoboo:20170114181512j:plain

 

 

部屋の中がオランダ村の建物に似ていたのも分かるような気がします。

f:id:ecoboo:20170114181738j:plain

 

 

ここ淡水は夕日が綺麗な場所として有名なのですが、今日はどんよりとした曇りで夕日は望めそうにありません。

なので、夕方まで待たずに次の目的地を目指します。

f:id:ecoboo:20170114182204j:plain

 

 

この辺りには、色々なお店が一杯ありました。

淡水名物のソフトクリーム屋さんがあったり

f:id:ecoboo:20170114182614j:plain

 

 

うずら卵の燻製?も売ってました。

f:id:ecoboo:20170114182714j:plain

 

 

自分はポテトを食べながら川辺りを歩きます。

f:id:ecoboo:20170114182827j:plain

 

 

喉も乾いたのでフローズンジュースを購入します。

このジュースが無茶苦茶美味しかった。

f:id:ecoboo:20170114182908j:plain

 

 

次の目的地は、北投温泉で日帰り入浴と士林夜市での夕食としていたのですが、右足首が痛くて歩くのが大変だったから一旦ホテルに戻ることにしました。

この3日でフルマラソンの40kmを超えて歩いていたので、無理はないですね。

 

 

雙連駅近辺 

16:00

一旦ホテルに戻って休憩します。

この足の状態だと明日の観光が難しくなるのではと思い、ホテル近くの勝安堂でマッサージを受けに行きました。

(結果的には、このマッサージのおかげで翌日も歩くことができました!)

f:id:ecoboo:20170114183817j:plain

 

 

足がたいぶ軽くなったので、雙連駅の近くにある「角子虎水餃館」というお店に食べに行きました。

ここの蝦水餃子がむちゃ美味しかった。

f:id:ecoboo:20170114184527j:plain

 

 

ジャージャー麺もうまかった!

自分的には、夜市のB級グルメよりこちらの方がよいです。

f:id:ecoboo:20170114184622j:plain

 

 

ホテルの隣で売ってたタピオカミルクティを部屋で飲みました。

台湾ではジュース系が本当に美味しいです。

f:id:ecoboo:20170114184809j:plain

 

 

この後、ホテルで洗濯をしながら、NHK紅白歌合戦を見て(台湾で放送してました)翌日の観光コースを再考してました。

足の都合だけが気になります。。。

 

つづく。

初めての事やってみよう!「你好!台北ひとり旅(2日目)」

旅行&観光&くるま

観光スタート(2日目)

龍山寺

8:15

龍山寺に行くなら午前中と聞いていたので、朝一で龍山寺に向かいます。

f:id:ecoboo:20170112174100j:plain

 

 

龍山寺では、熱心な信者さんたちによってお経を唱えられていました。

それにしても平日の朝から凄いですね。

自分は参拝の方法がよく分からなかったので、見よう見まねで参拝をしてきました。

(まあ気持ちが大切かなと。。。)

また、ここには月下老人様が祀られているので、良縁もお願いしておきました。

f:id:ecoboo:20170112174504j:plain

 

九份

10:30

夕方からの九份は幻想的でオススメだが激混みするとの情報を得ていたので、時間を有効に利用したかった自分は午前中に九份へ向かうことにしました。

忠孝復興駅の北側バス停から出ている基隆客運バスも混むことがなく、快適に現地に到着することができました。

でも、平日の午前中なのに、すでに人が一杯います。。。

f:id:ecoboo:20170112175036j:plain

 

 

九份は常に雨だよ」と聞いていましたが、なんと快晴に恵まれました。

晴れ男の威力発揮!ってところでしょうか(笑)

f:id:ecoboo:20170112175412j:plain

 

 

九份は、日本統治時代に金鉱山として栄えていたようですが、金と石炭の生産量が減り続け、1971年に閉山してからは衰退した街とのこと。

でも、映画「非情城市」の舞台となったことで観光地として再注目されています。

f:id:ecoboo:20170112175812j:plain

 

 

ここには「秘密基地」があったり。。。

f:id:ecoboo:20170112180431j:plain

 

 

お茶屋さんがあったり。。。

f:id:ecoboo:20170112180530j:plain

 

 

狛犬がいたりして、何となく懐かしい感じのする街だったです。

f:id:ecoboo:20170112180621j:plain

 

 

自分は、阿柑姨芋圓店で「芋圓」を食べながら、しばらく九份の景色を眺めてました。

この芋圓は、むちゃ美味しかった!

f:id:ecoboo:20170112180845j:plain

 

 

帰り道の途中に見付けた千と千尋の神隠しに登場する湯屋とそっくりなお店

夕方に見れたら幻想的なんだろうな。。

f:id:ecoboo:20170112181752j:plain

 

 

お店の入口には面が飾られていて、ジブリの雰囲気も満点だったです。

f:id:ecoboo:20170112181918j:plain

 

 

華山1914文創產業園區

14:30

九份が激混みになる前にバスで台北に戻ってきました。

次に向かった先は、日本統治時代に作られた国営のお酒工場の跡地をリノベーションした文化・商業施設である「華山1914」です。

f:id:ecoboo:20170112182613j:plain

 

 

何故ここに来たかと言うと「Meet Colors!台湾」で長澤まさみさんがおられた「衝動のグリーン」の撮影場所だからです。

f:id:ecoboo:20170112182822j:plain

 

 

でも、それだけでなく古い建物と各ショップがとても絵になる魅力的な場所だったのもあります。

本当に素敵な場所だったので「華山1914」にも寄り道するのをオススメします。

f:id:ecoboo:20170112183113j:plain

 

 

西門

15:00

この日は、まだまだ観光が続きます。

次に向かったのは「多部未華子の台湾弾丸一人旅!」で多部未華子さんが立ち寄った「于記杏仁豆腐」です。

f:id:ecoboo:20170112184249j:plain

 

 

多部未華子さんが食べてた「杏仁雪花冰」ではないですが杏仁豆腐が美味しいお店だったです。

f:id:ecoboo:20170112184427j:plain

 

 

15:30

西門に来たついでに「西門紅樓」を観に行くことにしました。

この西門紅樓とは、日本による台湾統治の時代に近藤十郎の設計で建設された八卦造型の建物なんです。

でも、残念ながら修復工事中で観ることができず。。。

f:id:ecoboo:20170112185005j:plain

 

 

台湾総統府

16:15

次は、台湾総統府を観に行きます。

この台湾総統府は、日本統治時代に建設された日本の出先機関でる台湾総督府なんです。

空から見ると日本を意味する「日」の字の構造になってるんですよ。

この建物の近くで写真を撮ろうとしたら、銃剣を持った衛兵に「ダメ」って怒られてしまいました。

f:id:ecoboo:20170112192757j:plain

 

 

続けて「二二八和平公園」も廻ります。

ここには、台湾における民主主義、人権のメモリアルとして、平和のモニュメント、「和平鐘」、「台北二二八紀念館」があります。

日本統治時代が良かったとはいいませんが、二二八事件の内容を知るにつれて蒋介石のイメージが変わりました。

f:id:ecoboo:20170112192839j:plain

 

 

 国立台湾博物館

16:45

そばにある国立台湾博物館にも立ち寄りました。

f:id:ecoboo:20170112193945j:plain

 

 

係員の人に閉館時間を尋ねると「17:00だよ!」と言われ、15分で急いで観て廻りました。

もう少し時間が欲しかったな。。。

f:id:ecoboo:20170112194149j:plain

 

 

17:20

台北駅の大きさに驚きながら、西門から歩いて台北駅を通過します。

少し足が痛かったので万歩計を見ると、本日2万歩を超えてました。

f:id:ecoboo:20170112194540j:plain

 

 

寧夏夜市

17:45

 痛い足を引きずりながら、本日の最終目的地である「寧夏夜市」に到着しました。

f:id:ecoboo:20170112194850j:plain

 

 

ここには食べる夜店だけでなく、縁日のようなゲーム機もあって子供達が楽しそうです。

しかも、中国語を話す子供たちが可愛いですね。

f:id:ecoboo:20170112195059j:plain

 

 

やっぱり衛生面が心配になり、よく焼いた串焼きとかしか食べれませんでした。

美味しそうな料理もありましたが、自分的には夜市が苦手かな。。。

f:id:ecoboo:20170112195319j:plain

 

 

結局、ホテル近くの店舗で牛筋麺を食べましたが、牛肉は缶詰の肉のようにカスカスで、麺はうどん麺のようで、だしは薄味。。。

これなら夜市の食べ物の方がよかったかも。。。

日本のラーメンが如何に美味しいのかを実感した瞬間です。

f:id:ecoboo:20170112195559j:plain

 

今日は、このままホテルに戻り就寝しました。 

つづく。