真面目なほどに気まぐれ日記

日々の栄養補給として1日1回(?)を目安に投稿してみる日記です。

大政奉還150周年「二条城とアジア回廊 現代美術展」

アジア回廊 現代美術展

職場の友人から二条城で催されている「アジア回廊現代美術展」で現代アートが観れるとの情報を入手しました。

遠出して現代アートを観に行くこができない自分としては、願ったり叶ったりのイベントでした。

 

二条城会場

以下に代表的な作品を紹介したいと思います。

 

チェ・ジョンファさんの「フルーツの木」という作品です。

大きさにも驚きましたが、カラフルなフルーツの木が目を引きますね。

f:id:ecoboo:20170913135112j:plain

 

 

二条城の台所に入ると色んな作品が展示されていました。

チェ・ジョンファさんの「涅槃」という作品です。

大きな大根に目が行きますが、これは大仏の涅槃図を意味しているのでしょうか。

f:id:ecoboo:20170913135505j:plain

 

 

草間彌生さんの「無限の網のうちに消滅するミロのビーナス」という作品です。

最近、この人の作品はあちこちで観ることができるようになったと思います。

f:id:ecoboo:20170913135949j:plain

 

 

谷澤紗和子さんの「容」という作品です。

少し気持ち悪い作品でしたが、土着の霊性や地霊祭などの祝祭儀式をイメージしているとのことでした。(奥が深いです。。)

f:id:ecoboo:20170913141133j:plain

 

 

ツァイ・グオチャンさんの「盆栽の舟」という作品です。

この人の作品は、瀬戸内国際芸術祭で色々と観てきましたが、力強い作品が多く、大好きな作家さんの一人です。

f:id:ecoboo:20170913142223j:plain

 

 

この作品もチェ・ジョンファさんが制作された「エアーエアー」という作品です。

キムチ用のザルを組み合わせた巨大なオブジェなのですが、「フルーツの木」や「涅槃」の方が自分は好きでした。

f:id:ecoboo:20170913142510j:plain

 

 

東南角櫓に展示されていた、久門剛史さんの「風」という作品です。

電球が振り子のように揺れ、風の音と光の明減によって山小屋で嵐が過ぎ去るのを待機しているような雰囲気のある作品でした。

自分的には好きな作品だったのですが、豊島にあるストームハウスという作品には及ばなかったと思います。

f:id:ecoboo:20170913143334j:plain

 

 

へ・シャンユさんの「城」という作品です。

排泄物とそれを不意に踏んでしまった足跡を表現している作品で、とても変わり種の作品でした。

f:id:ecoboo:20170913150204j:plain

 

 

この作品もチェ・ジョンファさんが制作された「呼吸する花」という作品です。

呼吸しているかのごとく動く花弁に目が行きました。

f:id:ecoboo:20170913150309j:plain

 

 

@KCUA

アジア回廊 現代美術展は、二条城だけでなく京都芸術センターでも開催されているので、歩いて移動することにしました。

その途中にあった、京都市立芸術大学ギャラリー「@KCUA」にも寄ってみました。

f:id:ecoboo:20170913153408j:plain

 

 

ここではアジア回廊 現代美術展 特別連携事業 (同時開催展)として「身体0ベース運用法「0 GYM」」が催されていました。

この作品の作家さんである安藤隆一郎さんもおられて、英語で外国の方に作品の説明をされていました。

f:id:ecoboo:20170913152115j:plain

 

 

大学院生の可愛い作家さんも何かの創作中だったです。

少しお声をかけさせていただきました。ありがとうございました。

f:id:ecoboo:20170913152542j:plain

 

 

京都芸術センター

ここ京都芸術センターへは、祇園祭の時以来にやってきました。

こちらは無料で観ることができます。

f:id:ecoboo:20170913155132j:plain

 

 

オ・インファンさんの「死角地帯探し」という作品です。

物理的な死角や制度的な抜け道、文化的な隙間など、社会の中で普段意識されることのない部分を顕在化しているとのこと。

f:id:ecoboo:20170913155853j:plain

 

 

幼少期から小学校6年生にいたる中原浩大さん自身の学習物、お絵かきの模倣が展示されていました。

このような幼少期に作成した作品が残っていることに驚かされます。

f:id:ecoboo:20170913160345j:plain

 

f:id:ecoboo:20170913160746j:plain

 

 

ヒョンギョンさんの「私たちは醜かった」という作品です。

この作品も何かすごい迫力のようなものを感じる作品でした。

f:id:ecoboo:20170913162331j:plain

 

 

ルー・ヤンさんの「ルー・ヤンのゴンタウ・カイト」という作品です。

作家自身の顔を模した20メートルの凧をあげる映像作品です。

子供達が夢中で観ていたのが印象にあります。

f:id:ecoboo:20170913162433j:plain

 

あと撮影できなかった今村源さんの作品もオススメです。

特にうちわで仰ぐとゆらゆらと動くタンスがお気に入りでした。

 

なんか久しぶりにアートの世界に浸れた一日だったかな。。

秋になると、もっとアートイベントが増えるので今から楽しみ!

大政奉還150周年「二条城とアジア回廊 現代美術展」

大政奉還から150年

慶応3(1867)年10月14日に大政奉還が行われて今年で150年が経ちました。

坂本龍馬新撰組が活躍していた時代から、たった150年しか経っていないことに驚くものの、今回は、大政奉還150周年記念ということで、二条城とアジア回廊 現代美術展を観に行きました。

 

二条城

二条城って徳川家の最初と最後を見守ったところで、戦国時代の強固な城というより、避暑地にあるお寺のような感じに思っていました。

f:id:ecoboo:20170913122738j:plain

 

 

二の丸御殿の正門にある唐門ですが、元々は伏見城にあった門って聞きましたが、伏見城にあった唐門は、豊国神社にあるものとも聞いています。

豊国神社の唐門にも似ていますね。

f:id:ecoboo:20170913123607j:plain

 

こちらは、豊国神社の唐門です。

 

 

この唐門には、豪華絢爛な彫刻があちこちに飾られていました。

日光東照宮の建物にも似ているような気もします。

f:id:ecoboo:20170913123731j:plain

 

 

二の丸御殿の中は文化財の保護のため、写真を撮ることができなかったのですが、狩野派による立派な壁画をたくさん観ることができました。

特に、大広間にあった「松鷹図」は圧巻です。

f:id:ecoboo:20170913123847j:plain

 

 

この写真は、二の丸庭園にあった「蘇鉄」です。

この蘇鉄は、鍋島藩(現在の佐賀県)の鍋島勝茂から送られたものでしょうか?

f:id:ecoboo:20170913130940j:plain

 

 

この写真は天守閣跡から比叡山を写したものです。

二条城に天守閣があったことにも驚きでしたが、意外と見晴らしも良い高台にあったことにも驚きました。

f:id:ecoboo:20170913131958j:plain

 

 

しかも、内堀や外堀、立派な城壁まであるとは思いもよりませんでした。

f:id:ecoboo:20170913133256j:plain

 

 

これは、清流園にあった「加茂7石」です。

石が8つあると思ったら、1つは掃除のおばちゃんでした。。。

f:id:ecoboo:20170913133638j:plain

 

 

二条城を一周回ったところで、綺麗な朝顔が栽培されていました。

何か関係があるのでしょうか?

f:id:ecoboo:20170913134916j:plain

 

この後、アジア回廊 現代美術展を観るために二条城をもう一周することになります。

つづく。

 

2017年夏「夏休み後の旅行(博多編3)」

リミット時間ギリギリまで楽しむ!

出発時刻を1時間30分ほど遅らせたこともあり、太宰府天満宮の駅を出発したのは15:00頃になっていました。

次は、福岡市立博物館で「金印」と「ピラミッド展」を観ることだったのですが、この時間から博物館に行って鑑賞するには、新幹線の時刻に間に合いません。

なので急遽予定を変更します。

 

博多埠頭

本日は博多埠頭にあるベイサイドプレイス博多で「盆踊り大会&花火ファンタジア」のイベントが開催されることを知っていたため、福岡市立博物館から博多埠頭に行き先を変更しました。

まずは、宿泊したホテルで荷物をピックアップした後、博多駅でバスに乗り換え博多埠頭へ向かいます。

f:id:ecoboo:20170826164501j:plain

 

 

博多駅から約20分程度で博多埠頭に到着しました。

博多は、繁華街、港、空港、駅がそれぞれ便利な場所にあるため、効率的に移動ができます。

f:id:ecoboo:20170826164446j:plain

 

博多ポートタワー

早速、博多ポートタワーに登ります。(無料なのでおすすめ!)

f:id:ecoboo:20170826170251j:plain

 

 

ポートタワーの上から博多市内が一望できます。

夕方とかに来たらもっとオススメかも。。。

f:id:ecoboo:20170826165306j:plain

 

ベイサイドプレイス博多

ここには小さな水槽があって、ちょっとした水族館に来た気分に浸れます。

f:id:ecoboo:20170826164138j:plain

 

 

水槽を叩くと、エイが近寄って来ました。

とても人馴れしてるエイでした。

f:id:ecoboo:20170826171419j:plain

 

 

外で太鼓の音が聞こえて来たので、イベントを見に行きます。

f:id:ecoboo:20170826170413j:plain

 

 

イベントでは、高校生らしき子が司会進行をしていました。

そこにいたパンダ(多分パンダ?)に違和感が。。。

f:id:ecoboo:20170826172626j:plain

 

博多駅

新幹線の時刻が近づいてきたので、博多駅に戻ります。

 

博多での最後のシメは、おおやまのもつ鍋にしました。

ここのもつ鍋が美味しくてオススメなんですよ!

f:id:ecoboo:20170826183012j:plain

 

 

新幹線の時刻が刻々と近づき、急いで新幹線口へ向かいました。

でも、途中に珍しいハード型のポストがあったので写真をパチリ!

f:id:ecoboo:20170826185403j:plain

 

 

すでに19時を過ぎていたので、24時間テレビも始まっています。

今年のマラソンランナーをネットで調べつつ、新幹線に飛び乗り自宅に帰るのでした。

f:id:ecoboo:20170826185636j:plain

 

これで2017年夏のイベントも終了です。

今年はどこにも行かないと決めた夏休みでしたが、意外と充実した夏休みを過ごすことができました。

 

おしまい。

2017年夏「夏休み後の旅行(博多編2)」

行き慣れた場所へ!

太宰府天満宮

宝満宮竈門神社からバスで数分の場所に太宰府天満宮があります。

天候が悪かったこともあってか参拝者は少なめだったので、さほど待つこともなく参拝することができました。

参拝を済ませた後、お守り(叶糸)を購入します。

先ほど購入した「むすびの糸」とのコンボとなります。

f:id:ecoboo:20170826120958j:plain

 

 

九州国立博物館

太宰府天満宮の参拝の後は、またまた九州国立博物館へ行きました。

京都国立博物館の年間パスを持っているので、無料で入場できるのがいいところです。

f:id:ecoboo:20170826121708j:plain

 

 

エントランスには、巨大な祇園山笠が展示されてました。

一度、博多祇園祭を観てみたいな。。。

f:id:ecoboo:20170826142825j:plain

 

 

ラスコー展

ここに訪れた理由は、特別展の「ラスコー展」を観るのが目的です。

当然、特別展も年間パスで観ることができます。

f:id:ecoboo:20170826131530j:plain

 

 

ラスコー展とは、フランス南西部のヴェゼール渓谷にあるラスコー洞窟で今から2万年ほど前にクロマニョン人が壮大な壁画を描き、それを1mm以下の精度で再現した実物大の洞窟壁画を観ることができる展示となっています。

f:id:ecoboo:20170826124505j:plain

 

 

実物ではないので、一部の場所では写真撮影が可能でした。

それにして複製品とは思えないぐらいの精度です。

この壁画は鹿の絵です。(トナカイだっかも。。)

f:id:ecoboo:20170826124125j:plain

 

 

この絵はバッファローです。

すごくリアルに再現されています。

f:id:ecoboo:20170826124309j:plain

 

 

展示の説明には「鳥人間」が描かれていると書かれていましたが、下手な人間の絵だと思いました。

f:id:ecoboo:20170826124439j:plain

 

 

他にもトナカイの骨が展示されていたり

クロマニヨン人がラスコー洞窟でトナカイの肉を食べていたそうです。)

f:id:ecoboo:20170826124748j:plain

 

 

人骨があったり(これ本物?)

f:id:ecoboo:20170826130510j:plain

 

 

リアルすぎるクロマニヨン人の人形が展示されていました。

f:id:ecoboo:20170826130441j:plain

 

博物館大好きな自分としては、十分満足できる内容だったです。

この後、博多市内へ向かいます。

 

つづく。

2017年夏「夏休み後の旅行(博多編1)」

旅行スタート!

旅行スタートの日は、朝から雨が降っていました。

天気予報を見ると10:00頃から雨が止んで天気が回復するとのことだったので、急遽予定を変更し、ホテルの出発を10:00に変更します。

 

ちなみに、前回は二日市温泉に宿泊したのですが、今回は満室で予約を取ることができず、南福岡駅近くのホテルに宿泊し、太宰府を目指すことにしました。

 

西鉄都府楼駅

宝満宮竈門神社へは、運賃100円のコミュニティバス西鉄都府楼駅から出ているので、南福岡駅から西鉄雑餉隈駅へ歩いて向かいました。

西鉄都府楼駅の前にあるコミュニティバスの「まほろば号」に乗車するのですが、全てのバスが「まほろば号」で、しかも宝満宮竈門神社行きのバスはバス番号が無いので注意が必要です。

f:id:ecoboo:20170826103102j:plain

 

 

宝満宮竈門神社

ここ宝満宮竈門神社は、太宰府天満宮の鬼門の方向(北東)に位置する宝満山にあって、あまり有名な神社ではないのですが、一部の人たちには「縁結び」で有名な神社なんです。

f:id:ecoboo:20170826112202j:plain

 

 

太宰府天満宮には何度も行きましたが、ここ宝満宮竈門神社へは行ったことがなかったため、今回の目的地にしました。

f:id:ecoboo:20170826112459j:plain

 

 

そんなに大きな神社ではないのですが、社務所はとっても近代的な建物で現代アートを彷彿させます。

この建屋の中で、定番のお守り「むすびの糸」を購入してきました。

f:id:ecoboo:20170826112519j:plain

 

 

この木は「再会の木」です。

この再会の木に向かって、好きな人と再開できることを願えば、願いが成就できるとのこと。

「誰に再会しようかな?」と考えている間に次の場所へ移動。。。

f:id:ecoboo:20170826112746j:plain

 

 

これは水鏡です。

この水鏡に顔を映して、綺麗に顔が映れば願いが成就されると言われています。

一応、顔は映りましたが綺麗かどうかは(?)だったので、願いが成就されるかは疑問。。。

f:id:ecoboo:20170826113041j:plain

 

 

人懐っこい鹿もいました。

f:id:ecoboo:20170826114056j:plain

 

この後、バスに乗って太宰府天満宮へ向かいます。

つづく。